読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あばばい!とくしま!

徳島のあばばい(阿波弁でまぶしいの意)なモノや場所を発信していこうと思います。

大河好きの人にオススメ! 『決戦!どうぶつ関ケ原』

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、放送中の大河ドラマ真田丸』。

脚本が三谷幸喜ということもあり、ホームドラマチックで若干ゆる~い感じで話が展開されています。

そんな中、豊臣秀次の自決に至る描写は秀逸で、さすが三谷幸喜!と思わせる所もあるため、ある意味、メリハリのついたなかなか面白い脚本になっています。

さて、ドラマの展開ではそろそろ秀吉も最期を迎えそうであり、いよいよ、西軍 石田三成と東軍 徳川家康による天下分け目の大戦 関ケ原の戦いに突入していくだろうと思われます。

そんな中、予習?としても役立つ、オススメの絵本を紹介したいと思います! 

f:id:ababaikojiro:20160726221935j:plain

『決戦!どうぶつ関ケ原

作:コマヤスカン

監修:笠谷和比古

発行:講談社

 

この本、戦国武将がすべてどうぶつで描かれています!

石田三成(山本耕史)はサル。

徳川家康(内野聖陽)はタヌキ。 

大谷吉継(片岡愛之助)はクマ。

本田忠勝(藤岡弘、)はドラゴン。

といった具合。

 

例えるなら、鳥獣戯画ウォーリーをさがせ!を足して2で割ったような絵本。

(実際にウォーリーをさがせ!のように巻末に示されたどうぶつが本のどこにいるのか探すといったおまけ要素もあります)

 

どうぶつたちがワラワラと集まって戦をする様子はなんとも微笑ましい。

 

誰がどこに陣を構えていたのかということと、戦況が時間軸で描かれているため、イメージが掴みやすいです。

 

また、じっくり見てみるといろんな発見があって、長く楽しめそうです。