読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あばばい!とくしま!

徳島のあばばい(阿波弁でまぶしいの意)なモノや場所を発信していこうと思います。

でかい!イラスト満載!!MAPS(マップス)!!!

こんばんは。4ヶ月の娘をもつ、徳島在住 コジローです。
娘が3歳になるまでに本を100冊揃える!ということを目標に、今回でやっと5冊目です。果たして間に合うのか?!

まあ、細かいことは気にせず、、、今回購入した本はこちら! 『MAPS 新・世界図絵』
f:id:ababaikojiro:20160808215057j:plain

本の概要

4年に1度の夏のオリンピックも始まり、代表で選ばれた日本人選手が、ここ日本から遠く離れたブラジルの地で健闘しています。
開催地はブラジルのリオデジャネイロ
がんばって多くのメダルを日本に持ち帰ってもらいたいものです。
ただ、ふと思うことが。。

リオデジャネイロてどこ??

名前は聞くけど、ブラジルのどこらへんなんだろう??

そんな疑問が湧いたときに役立つのが、このMAPS(マップス)なのです!

この本、ポーランドで人気の絵本作家夫妻が世界の国々の有名都市、遺産、風習などを3年の歳月をかけて描いた世界地図で、本自体がとにかくデカい!
大きさは高さ38cm、奥行き28.5cmあり、A3サイズぐらいです。
それが見開き両面まるごと使って1つの国を手書きイラスト満載で紹介しています。

ブラジルのページもあり、リオデジャネイロの場所もバッチリ分かります!

もちろん、日本のページもあって、外国から見た日本のイメージはこんな風なんだと分かります。
※このご夫妻、かなりの親日家のようで、自国のポーランドの次に描いたのが日本とのこと!

この本の楽しみ方

ブラジルに限らずとも、日本でも毎日、世界中のニュースが取り上げられていますよね。

例えば最近なら、アメリカの党大会が開催され、民主党ならペンシルベニア州フィラデルフィアで、共和党ならオハイオ州クリーブランドで行われました。

また憂うべきニュースとして、今年も各地でテロも発生しており、トルコのアンカラ、ベルギーのブリュッセル、フランスのニースなどが被害に遭いました。

これらがどこらへんで起きたのか、自分で知っておくことは大事かなと思いますし、娘が大きくなったときに一緒に調べられるような環境にしておきたいところです。

この本に関する情報

MAPS(マップス) 新・世界図絵
アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ 作・絵
徳間書店児童書編集部 訳
発行 徳間書店
定価 本体3200円+税