読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あばばい!とくしま!

徳島のあばばい(阿波弁でまぶしいの意)なモノや場所を発信していこうと思います。

講談社 動く図鑑 move 魚 [改訂版]

講談社の『動く図鑑シリーズ』の1つ! 魚(さかな)!

こちらは今年(2016年)の6月23日に改訂されたばかりということもあり、購入してみました。

僕なりに、今回購入した図鑑のオススメポイントを3つにまとめたいと思います。

f:id:ababaikojiro:20160716000416j:plain

 

①魚の写真が大きい!(文字は少なめ)

一般的な魚図鑑といえば、上下左右、等間隔に魚が規則正しく並んでいるようなイメージですが、この図鑑に掲載されている写真の多くは、実際に海や川の中にいる、風景を含んだ写真が多いことです。

なので、どんな環境で生きているのかがわかりやすいです。

子供が見ても、興味を持ちやすいのではないかなと思います。

写真が大きい分、文字は少なめですが、そこは重要な説明文が凝縮されたようになっています。

 

②DVDが秀逸!(ギョギョの奇妙な冒険)

この図鑑には81分に及ぶNHK制作のDVDが付いています。

これがとにかく魅力的!実際に泳ぐ魚を見るのは本当に楽しい。

特に近所に水族館がなく、あまり泳ぐ魚を見る機会のない場所にお住まいの人々には貴重です。

(徳島にも徳島動物園はありますが、水族館と名のつく施設に行こうとすれば、香川の新屋島水族館か、神戸にある須磨海浜水族館まで行かなければなりません…)

DVDを観て思った事。それは、魚には様々な奇妙な特長がある。ただ、魚の世界で生きていく(冒険する)のは大変である。。。

 

 ③ぎょぎょぎょ~!さかなクンの解説付き

なんとこの図鑑、さかなクンの解説が付いています。

さかなクンといえば東京海洋大学名誉博士であり、この図鑑には特別協力ということで、コラムが掲載されており、さかなクンの深い知識が垣間見えます。

 

ちなみに、この図鑑に関してはライバルに小学館の『図鑑NEOシリーズ』があります。

こちらもかなりよく出来た図鑑なので、もし検討されているなら、比較してから購入がオススメです。

(特に『比べる図鑑』は非常に興味深い)

 

 こちらが講談社の『動く図鑑シリーズ』

zukan-move.kodansha.co.jp

 

こちらが小学館の『図鑑NEOシリーズ』 

www.shogakukan.co.jp