読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あばばい!とくしま!

徳島のあばばい(阿波弁でまぶしいの意)なモノや場所を発信していこうと思います。

ありがとうエステバン

徳島ヴォルティス

神様のもとで神様のために生きる、

そう言ってエステバン選手は2015年シーズンをもって引退することを発表しました。

 

現役で十二分に戦えるし、できれば来年もヴォルティスに残ってほしい、

そう思っていたところ、まさかの引退発表…。

 

しかし、エステバン選手はきっといろいろ考えた末にそう決めたのであれば、

いちサポーターとして、母国コロンビアに帰る前に一言お礼を言わなければ!

 

ということで、12/5、TSVでの年内最終練習日、エステバン選手との

最後のファンサービスイベントに参加してきました。

 

この日、TSVには多くのサポーターが集まっており(徳島新聞発表では約200人)、

各々、サイン、写真、プレゼントなどを用意し、エステバン選手との交流を楽しみました。

 

そんなエステバン選手について、個人的に印象に残ったシーンを3つにまとめてみました。

 


1 エステバンは3人いる! ☆2013年3月3日(日) 徳島0-1神戸@ポカスタ

2013年3月3日、第1節ホーム開幕戦。ヴィッセル神戸との試合で2013年は幕が開けました。

正直、ヴォルティスは誰がスタメンだったかもいまいち覚えていない中、

一際目を引く選手がいました。それが当時、神戸の選手だったエステバンでした。

 

センターサークル付近でヴォルティス選手からボールを奪ったと思いきや、

ゴールライン隅でボールを奪取!はたまたいつのまにか逆サイドにいてボールを刈り取る!

 

どこのポジションにも顔を出す、

それはまるでエステバンという選手はピッチに3人はいるかのようでした。

多くのヴォルティスサポの目にこのエステバンという選手はすごいプレーヤーだと

印象付けた試合だったかと思います。

 

またどうやらエステバン選手にとってもこの日がJリーグデビュー戦であり、

ここ鳴門が最初の地であったようです。

(そして、2015年11月11日、鳴門で行われた天皇杯広島戦が最後の試合となった)



2 エステバンの磐田戦先制ゴール! ☆2015年5月31日(日) 徳島2-2磐田@ポカスタ

2014年はつらい思いをした。。J1の壁は高かったなぁ~。

さて2015年、J2に舞い戻り、これでやっと勝ち試合が見えるわ♪

なんて思っていたら、ん??J2でも勝てれへんぞ……。

 

そんなプレイバック暗黒時代を思わせるシーズン前半。

つらい気持ちを吹き飛ばすかのように、ホームに磐田を迎えたその日も

エステバンはキレキレでした。

 

相手のボールをかっさらい、GK股抜きゴール!!

勝ち星のないヴォルティスが強豪ジュビロに対して先制したのでした。

ゴール後、神様に感謝するその姿に目頭が熱くなりました。

(結局、この試合も引き分けたが)

 


3 瞬間、心、重ねて ☆2015年7月18日(土) 岡山0-3徳島@シティライトスタジアム

なんか負けそうな気がする、、、そんな不安な気持ちがあり、

元々行くつもりのなかったアウェイ岡山戦。

しかし、普段サッカーを観ない嫁が行く気満々。渋々、岡山に行くことに…。

しかし、ふたを開けてみれば3-0の圧勝!(嫁サンキュー)

 

これが2015年の最も記憶に残る良い試合でした。

この試合で印象的だったのはアレックスとエステバンが並んで左サイドを駆け上がる姿!

それはまるで『瞬間、心、重ねて』!

 

あかん、どっちがどっちかわからへん!!

シンジ&アスカ級の完璧なシンクロにイスラフェル(岡山サポ)は混乱するのであった。

 

 

いろんな思い出をくれたエステバン。

母国コロンビアに帰ってもお元気で!!

 

f:id:ababaikojiro:20160710222616j:plain